車名で選ぶ?ブランドで選ぶ?バイク用品&パーツ買うならバイクブロス

“二輪のことならバイクブロス” 「ライダー必見」 中古・新車探し、パーツ、ヘルメット、ウェアー、メンテナンス用品、ツーリング情報など何でもそろってしかも格安です。今すぐチェック!!


バイクの回転数と燃費の関係


バイクに乗っていても燃費って気になっちゃいますよね。
ここでは回転数と燃費の関係を考えてみましょう。

バイクのエンジンは回転数で燃費を考えると、
3000回転で走った方が燃費が良いエンジンもあれば、
6000回転で走った方が燃費が良いエンジンもありますよ。

燃費と回転数の関係には「燃料消費率」という数値が関係してきます。
これはエンジン性能の一つで、出力やトルク特性と同様にエンジン(車種)によって違います。

一般に、発生トルクが高い回転域では、燃料消費率は低い(=燃費効率が良い)ですし、発生トルクが低い回転域では、燃料消費率は高く(=燃費効率が悪い)なります。

燃料消費率はエンジン回転数により変動しますので、
燃料消費率の高いエンジン回転数と燃料消費率の低いエンジン回転数が存在します。

MT車で、同じ速度で走る場合、燃料消費率が最も低くなるエンジン回転数で走り続けると、燃費が良くなります。

AT車であれば、燃料消費率が最も低くなるエンジン回転域で走れる速度付近で走れば、燃費が良くなります。

自分のバイクはどの回転数で燃費が良くなるのかを調べてみてはどうでしょうか?

バイク専門店レッドバロン


長所:レッドバロンは全国に点在しているので、30リッターオイルリザーブを利用すれば、バイクツーリングや引っ越し先等で、全国のレッドバロンでオイル交換が受けられるというメリットがあります(手数料別途)。中古でも盗難保険に加入出来るというのも良いかも・・・。バイクの調子が悪い時に見てもらえるのがいい。

短所:良い店員さんや整備士さんがいても、すぐに別の店舗へ移動してしまう場合があるということを承知しておいたほうが良いでしょう。
バイクの整備のスキルは、ヒトによってバラバラです。


バイク通勤の防寒対策


とにかくバイクの防寒対策は防風対策です。これを基本に考えれば、
防寒着も特別高価なものやバイク専用のものでなくても十分です。

バイクにはシールドを装備して風を防ぎます
手先が冷える体質ならば、ハンドウォーマーやグリップヒーターを装着することで快適になります

ヘルメットはフルフェイスがベストです。
首まわりからの風は、ネックウォーマーで防いでいます。

手袋だけは冬用のバイク用を選んで下さい。
バイク専門店などでお店の人に聞きながら良いものを選んで下さい。

服は量販店で売っているようなダウンやシンサレートなどの保温素材が入った上下を着てその上にカッパを重ね着します。
ただし選ぶときのポイントがあります。
ダウンなどはお店で試着したときにすぐに温かさを感じるもの、暑いと感じるようなものを選んでください。
裾、袖やパンツの裾は必ずオーバーラップするような長さを選びます。
重ねることで風が防げます。
カッパは風よけとして着ます。ただし、スナップ式は風が入りますので必ずファスナーで襟元までしっかり締まるものを選んで下さい。
そしてマジックテープなどで袖口などをしっかり閉じます。

足下はブーツと厚手のソックスです。ハーフよりロングの方が温かいです。
バイクツーリング用のブーツカバーを使う手もあります。

最後に防寒服に着替えるのは温かい部屋で着替え、体温が上昇して暑く感じるまで時間を潰します。
体質にもよりますが体温の低下はかなり防げると思います。

カブの燃費がいい理由


ホンダの名車と言えばスーパーカブ。

世界中で乗られています。スーパーカブと言えば燃費の良さですが、スーパーカブの燃費の良さというのはいいどこからきているのでしょうか。
面白い記事があったので紹介します。

●まずエンジンが4ストローク単気筒エンジンで50ccだからというのがあります。

2回転に1回ガソリンを供給すればいい4ストと、1回転に1回ガソリンを供給する2ストでは、当然4ストのほうが燃費は良くなります。
単気筒であれば、一番ガソリンを必要とする低回転での加速の時、少ないガソリンで済むように作れます。
50ccというのも、当然、排気量が少ないですから、ガソリン消費は少ないです。

●また加速や最高速を重視していないというのもあります。

鋭い加速やハイスピードを目指すと、瞬時に多くのガソリンを供給できるキャブが必要です。
でもスーパーカブは加速や最高速を重視していないので、ガソリンをあまり供給できないキャブで十分なのです。


それなら同じビジネス・バイクの「ヤマハのメイト」や「スズキのバーディー」だって、同じ燃費になるはずです。
でもホンダのスーパーカブのほうが燃費が良いのはなぜか。

●まずメイトはスーパーカブに比べて、車両重量が10キロ近く重いです。
重ければ燃費が悪くなるので、メイトは脱落します。

次にバーディとスーパーカブですが、わずかにバーディーのほうが軽いのに、少しだけ燃費が悪いです。

●これはギヤ比の関係です。
トップ・ギヤの3速だけを見ると、バーディーのほうがギヤ比が小さく、燃費がよく見えます。
でも1次減速比と2次減速比を掛けた数字では、わずかにバーディーのほうがギヤ比が大きいのです。
スーパーカブ:14.85406552
バーディー:14.913798256
この差で、スーパーカブのほうが燃費が良くなっています。

またスーパーカブの中でも、カスタムは一番燃費が良くなっています。
車両重量は4キロも重いにもかかわらずです。

これはヤマハやスズキやほかのスーパーカブが3速がトップ・ギヤなのに対し、カスタムだけは4速がトップ・ギヤなのです。
これにより6キロほどスペックで燃費が良くなっています。


結果、燃費の良いエンジンを使い、車体を軽くして、ギヤ比を低くしているスーパーカブが一番燃費が良いということになるのです。
タグ:カブ 燃費

長期間バイクに乗れない際にはエンジンはかけたほうがいい??


バイクに長期間乗らない場合最悪でも半月に一度はエンジンをかければいいでしょう。
長期間の場合はバイクのバッテリーの劣化とガソリンの変質が心配です。
夏はキャブに残ったガソリンが腐りやすいです。
3ヶ月くらいの放置で確実にキャブが駄目になります。
バイク屋の話だと2週間くらいからキャブのガソリンが変質するらしいです。

乗らないと駄目になるのはブレーキのディスクとタイヤでしょうか。
ディスクは錆びますし、タイヤは長時間の重さで少し変形するそうです。(ゴムは乗っても乗らなくても時間で劣化しますが・・)

対策
1.こまめにエンジンをかける。
2.天気のいい日にはシートをはずして湿気を逃がす。
3.たまにタイヤも動かす。
4.錆びやすい部品に油を挿す。磨く。
5.以上のことを継続的に続ける。

このくらいでしょうか。でもやっぱり乗らないと痛みます。
1年放置は無理でしょう。まず動きません。
エンジンとオイルは大丈夫だと思います。

長期間バイクに乗れないのであるならバイクの買い取りを考えるのもいいと思います。