車名で選ぶ?ブランドで選ぶ?バイク用品&パーツ買うならバイクブロス

“二輪のことならバイクブロス” 「ライダー必見」 中古・新車探し、パーツ、ヘルメット、ウェアー、メンテナンス用品、ツーリング情報など何でもそろってしかも格安です。今すぐチェック!!


もしもヘルメットが規格外なら


よくアメリカンバイクに乗っている人で、半キャップをかぶってバイクを運転している人を見かけたことはありませんか?

アメリカンバイクにはフルフェイスやジェットタイプよりも半キャップのほうが似合うのかもしれませんが、少し考えてみてください。

半キャップは125cc以下のバイクのヘルメットということになっています。しかし、特に規制はされていません。

でももし、半キャップなど規格外のヘルメットをかぶっていて、事故に合い、頭を打って障害が残ったとします。

バイク側が、過失の少ない被害者だとしても、ヘルメットが規格品ではなかったとなれば、障害に対する過失割合を算定する時、被害者が規格品をかぶなら無ければならない所を、かぶって居なかった為に障害が大きくなったと認定される事があります。

こうなると過失割合がバイク側に悪い方向へ動き、治療費などの賠償される額が低くなります。

つまり、決められて居るのに、その規格を通ってない(安全では無い)ヘルメットをかぶった為に障害が大きくなった分は、事故の相手では無く、ヘルメットをかぶっていた本人の責任である。となるだけです。

交通事故は、ほんの少しの違いで生きるか死ぬか、一生ベットの上で過ごす事になるのか、社会復帰出来るのかが変わる物です。
ヘルメットなどは特にその境目にある安全装備です。

かっこいいからと言って、安全性を無視してヘルメットを選んでいると守れる命も守れなくなってしまいます。

ヘルメットは自分の命を守る大切なものですから、安易な選び方をしてはいけないと思います。

ヘルメット探すならこちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック