車名で選ぶ?ブランドで選ぶ?バイク用品&パーツ買うならバイクブロス

“二輪のことならバイクブロス” 「ライダー必見」 中古・新車探し、パーツ、ヘルメット、ウェアー、メンテナンス用品、ツーリング情報など何でもそろってしかも格安です。今すぐチェック!!


セルが回らない、バッテリーを交換すべき?


バイクをお持ちの方、あなたのバイクのバッテリーは大丈夫ですか?

バイクに1年程度乗らずその間、バッテリーを放置すると、バッテリー内の電極に硫酸鉛が付着します。
この硫酸鉛が付着すると、電子(電気)の流れが悪くなります。
完全に電子が流れなくなった状態が、バッテリー寿命です。
決して、バッテリー完全放電が寿命ではありません。
この硫酸鉛は、充電中にバッテリー液(希硫酸)に解けます。

バッテリーの寿命が切れた場合

当然、バッテリーを交換すれば治ります。

バイク用普通バッテリーでもMFバッテリーでも、充電可能です。
MFバッテリーは急速充電は危険ですが、(注意書きを守れば)通常充電は問題ありません。
(バイクメーカー直営店でも、充電してくれますよ。2000円程度)

応急処置としてブースターケーブルで他所から力を借りて何とかエンジンを掛けられます。そのまま切らないで乗っている間だけはいいかも知れませんが、充電はしてくれません。切ったらまた立ち上がらなくなります。

あがってしまっても、他所から力をもらって何とか走り始めれば再び復活する車のバッテリとは違い、バイクのバッテリーはあがってしまうともう二度と充電できなくなってしまいます。バッテリーを交換するしかありません。

テスターがあれば一度測った方が良いと思います。
充電後30分ほどしてバッテリー単体で電圧を測り、 12.5V以上あればバッテリーはひとまず大丈夫です。

乗らないバイクは、半年に1回の割合で充電器から充電したほうが良いかと思います。
できれば1ヶ月に一度くらい、何時間かは乗られた方がいいと思います。完全にゼロにさえならなければ、バッテリー自体の充電池の寿命がくるまでは基本的には大丈夫です。



もしもの時に充電器をお持ちでない方はこちらをご覧ください。
激安 バイク用充電器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック