車名で選ぶ?ブランドで選ぶ?バイク用品&パーツ買うならバイクブロス

“二輪のことならバイクブロス” 「ライダー必見」 中古・新車探し、パーツ、ヘルメット、ウェアー、メンテナンス用品、ツーリング情報など何でもそろってしかも格安です。今すぐチェック!!


冷却システムのメンテナンス


空冷エンジンの場合はきちんと洗車していれば問題ありません。しかし水冷エンジンの場合はちょっとしたメンテナンスが必要です。


バイクが空冷エンジンの場合
空冷エンジンは洗車時にブラシや高水圧などで汚れを落とします。

バイクが水冷エンジンの場合

1.空冷エンジンと同様にラジエターの汚れを落とす。
ラジエター面積の20%が目詰まりしたらオーバーヒートしやすいので注意する。

2.冷却水の点検、補充
ラジエターのリザーバータンクを点検し、クーラント液が減っていたら補充する。2年に一度くらい交換する。この際、クーラント液ではなく水を補充してしまうとエンジン内部をさびさせ故障の原因になってしまうので注意。

3.ラジエターキャップを点検する
冷却水の減りが激しい場合は、ラジエターキャップが問題の場合があるので点検する。


ご意見、ご感想などございましたら、コメント欄にご記入お願いいたします。勝手ですが、皆さまのご協力をお願いいたします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112975791
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック