車名で選ぶ?ブランドで選ぶ?バイク用品&パーツ買うならバイクブロス

“二輪のことならバイクブロス” 「ライダー必見」 中古・新車探し、パーツ、ヘルメット、ウェアー、メンテナンス用品、ツーリング情報など何でもそろってしかも格安です。今すぐチェック!!


エンジンオイルの交換


タイミング 3000kmごと、6ヶ月ごと

エンジンオイルの劣化の速さはバイクの乗り方によって決まります。長時間、高回転を多用する人はオイルの劣化のペースも早くなります。また近距離しか乗らない人も早めの交換が必要になります。逆に毎日定期的に中速で10km以上走行するバイクでは適切な交換時期まで待って問題ないでしょう。

1.エンジンの暖機をする
エンジンを暖機しておけばオイルが温まり交換しやすくなります。温めすぎると交換する際やけどの危険があるので定期度にしましょう。
2.エンジンオイルを抜く
エンジンの下にあるドレンボルトを外して、オイルを抜くます。
3.新しいオイルを注入する
ドレンボルトを閉めてから新しいオイルを注入します。
オイルを入れすぎないために、オイルを3分の2程度入れてから一度エンジンを始動させ2〜3分アイドリングさせます。
エンジンを止めて5分後にバイクを直立させて適量を注ぎ込みます。

ご意見、ご感想などございましたら、コメント欄にご記入お願いいたします。勝手ですが、皆さまのご協力をお願いいたします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック